骨のある自民党議員今こそ出てこい。

西日本大水害の中での自民亭,また明らかになった地方議員を集めての総理の懇談会本当に何をしてるかわからない政権幹部これじゃだめ。結局総理を決めるのは国民一人一人安倍総理を選ぶ様な代議士を当選させない事。自民党にも骨のある議員はいるはずその数を少しでも増やすことが大事,今の派閥の代表に骨のある議員何かいない骨のある議員が派閥の代表になれない自民は終わる。先ず来年の参議院選挙で国民が本当の清き一票を行使すべきである。今のままでは閣僚も官僚も何でもありの好き放題こんな政治は絶対許してはいけない。