国民栄誉賞に思う。

オリンピックで金メダルを取った羽生選手に国民栄誉賞をとかなんとか?国民栄誉賞ほど曖昧な賞は無いのではないかと思う。かと言って貰った人達は素晴らしい記録や各分野で素晴らしい業績を残している人達であると思う。私が思うにはどうゆう規定があるのだろうかと言うことだと思う、最近受賞した囲碁の井山名人将棋の羽生名人まで計26名でも年齢はバラバラである記録というならばまだまだいると思う例えば野球の福本選手も盗塁では素晴らしい記録を持っている,スケートの高木選手も金メダルを2つも妹さんも金銀銅の3つも獲得記録からすれば国民栄誉賞を受賞してもいいのではないかと思う、けどそんな声はどこからも上がらないそれが当たり前のことかもしれないが首を傾げたくなる。そうするとテレビや映画や音楽業界で活躍した人が受賞するのかと言うとそうでもないような気がする。ただ時の政権の人気取りみたいな事に利用されているような気がする,基準を作るのは難しいとは思うが年齢だけでも決めたらどうか羽生結弦選手23歳ではいくらなんでも早すぎるのではないか。まだまだオリンピックで金メダルのチャンスもあるはず,50歳を一つの基準として考えてはどうだろうか余りにも若いのではないか。