年賀状に思う、元日の出来事。

今朝10時頃年賀状が届く、私宛の年賀状と嫁さん宛両方で60通ほどである。毎年年末にこのとおもう人にはもう出さなくても良いかなとおもう人が数人いる、今回も考えたが頂いてるのに出さないのは失礼と思い出したお宅がある。数年前北海道から横浜に転居したお宅である、12時過ぎに初詣に出かけ家に戻った1時半頃元日からは珍しく電話がああ又嫁さんの実家からだなと思って聞いていると,普段電話など来ることのない聞いた事のある名前が嫁さんが対応し電話が終わった後に事情を聞くと先方の話では身体の調子が悪く年賀状を息子さんに頼んでおいたが息子さんも忙しくて出すのが遅れたとの事、先方が出す前に私の年賀状が届いたとの事の恐縮しての電話でした。本当に年賀状一枚出すにも難しいものだ感じた平成30年の元旦でした。