お疲れさま順子ママ

今年66歳の同級生が集まる、スナック「順子」が12月20日で閉店する。小学生の頃から高校までずっと同じ学校でした。高校を卒業ご私は町を離れていたが10年前56歳の時Uターン10年になる。順子は40歳頃からスナックを始めたらしい二千円飲み放題(焼酎、ウーロン茶)本当は団体だけだと思うがいつの間にか一人でもオッケー見たいなことに

、小さな町だが彼女はロータリークラブの会長を勤めている。同級生のたまり場みたいな感じで飲みに行ってると必ずと言っていい位同級生と顔を合わせる。最近は現役を引退し年金生活に入っているので夜の街に出るのも二月に1回ほどでした。11日の日仲間5人と最後の飲み会をして来ました,7時から12時までカラオケもサービスなので盛り上がった最後になりました。カラオケの話になりますが自分の最初に歌う曲を心に決めていました,酔いが回り自分決めていた曲のイントロが流れたので誰が気を利かしたのかと思ったらカウンターの客が歌い始めました,なかなかの低音でいいなと思ってきいていたら曲が進むに連れて音程がバラバラ人が歌った後も気乗りせず心に決めていた「街の灯り」は幻の一曲になりました。順子ママとも一緒にに歌いました「初恋の人に似ている」似てないけど( ´艸`)順子さん長い間お疲れ様です。しばらくはゆっくりお休みください。