高校球児だったS44年の記憶

1969年8月18日甲子園大会の決勝戦,青森の三沢高校対愛媛の松山商業延長18回0対0引き分け再試合。翌日19日4対2で松山商業が優勝し高校野球の頂点に立った,私の学校が出場した北北海道北見地区予選1回戦津別高校・2回戦雄武高校・代表決定戦・北見工業にコールド負け高校3年間が終わった。この試合は代表決定戦で北見管内にテレビ中継された前年夏1回戦コールド負けでしたので決定戦まで行ったのは良かったが残念でした。テレビ中継されてる試合でレフトを守っている私の前にライナー性の当たりがその打球を見事に後逸そのボールはフェンスまで仲間たちと飲んでてその話になると必ず出てくるエラーの話50年位前の事が昨日のように思い出される。( ´艸`)