今年くらい芸能人の訃報が身近に感じられる年はない。

数々のヒット曲を世に送り出した平尾昌晃さんが亡くなった。今年は芸能人の方やスポーツ界の方の訃報が非常に多く感じられる,亡くなった方を多く知っていると言う事は自分も歳を取ったと言う事だと思う。その度に思う事があるよく言われることだが死って平等だな,どんな人間でも必ずやって来ると言う事,順番は無いしいつ来るかそれも分からない精々言える事は年寄りの方が若い人よりいくらか早いかなくらいの事だと思う。かと言って毎日毎日こんな事ばかり考えて生きていくわけにも行かないし身近な芸能人の方が亡くなる度にこんな事を感じる歳になったのかなと思う今日この頃です。