今週のお題「行ってみたい場所」

昭和26年10月7日が私が生まれました。福島県双葉郡浪江町が私の出生地です。今住んでいるのは北海道斜里郡斜里町です,北海道の炭鉱で働いていた親父は事故の多い炭鉱勤めを辞めて爺さんの生まれ故郷に親類を頼って浪江町に行ったとのことです。元々親父は北海道の斜里生まれおふくろもも北海道生まれの為中々福島の水には合わなかったようでした。私が生まれて1年半位で斜里町に戻って来たようです、両親が健在の頃は私が1,2歳の頃に親戚一同で写した集合写真がありましたがおふくろが亡くなった時に処分をしてしまい何も残っていません。私が高校卒業後就職した頃東京に居る兄と両親が何十年ぶりかで福島を訪ねて行ったと聞いています,その頃から何十年か後に仕事退職した後福島を訪ねてみたい一度自分の生まれた所に行ってみたいと思うようなっていました。その夢が東日本大震災の為,浪江町も大きな被害を受け(親類の方も数人津波の被害に遭われた)また未だに原発事故の影響で町には住めない状況なのでしょうかはっきりはしませんが。もし震災や事故が無ければ定年退職後一番最初に「行ってみたい場所」でしたし今でも行ってみたいと思っている場所です。

 

お弁当

お弁当昭和の30年代私が小中学生の頃の弁当は。弁当箱は確かアルミニウムじゃなくてアルマイトというもので出来てたかもしれない。その頃私の家は昔風に言えば貧乏でご飯は麦と米が混ざったものでした,麦もいまみたいな白い麦出なく大粒で真中に黒い筋か入ったこれぞ麦みたいなものでした。弁当に持って行くのが恥かしい時もありました,おかずはしょっぱい魚か魚肉ソーセージ漬物甘ったるいイカの佃煮安い魚の缶ずめたまには玉子焼きも有ったかな。今も思い出すと笑ってしまうのは遠足のおにぎりですさすがにこの日は米のおにぎりでした。金持ちの子は薄皮に包んで来たが私たち貧乏人は映画広告でおにぎりを包んでく行った食べる時におにぎりに濡れたチラシがべったり裕次郎のチラシもおにぎりの包装で活躍したものです。それともう一つおにぎりの海苔である金持ちの子は黒々とした海苔私たち貧乏人の海苔は今では見ることがないが赤茶けた見るからにまずそうな海苔でした。今では考えられない位貧しかった時代今日66回目の誕生日に60年近くもなる昔を思い出してみた。

お題「‪ #あなたの人生で大切な音楽を10曲選んでください‬」

①「旅の夜風」子供の頃酒の飲めない親父が酔っぱらうと歌う歌②「高校三年生」小学生の5・6年生の頃学校の行き帰りによく友達と歌いながら通っていた③「君といつまでも」高校の入学試験が終わり合格発表が有った日,加山雄三の映画を仲間と見に行った④「真夏の出来事」高校卒業後初めてのクラス会の日地元のボーリング場耳にした⑤「加藤隼戦闘隊」就職した会社の宴会で歌った初めての歌⑥「喝采」12月31日仕事が終わり会社の先輩と飲みに行ったスナックで流れていた⑦「冬のリビエラ」得意先の店主行ったバス旅行の時歌わされた初めての流行歌⑧「あの素晴らしい愛をもう一度」還暦を過ぎ昔の仲間と飲みに行った時のカラオケナンバー3⑨「想い出の赤いヤッケ」ナンバー2⑩「ただお前がいい」自分が一番多く歌ううたです。

 

人それぞれにドラマ五年振りのクラス会

五年振りのクラス会が札幌のホテルで開催された,50名位のクラスメートの内20名の参加がありました。今回の目玉わ何と言っても卒業してから初めて参加の美女TMさんでした,会う前どんな女性になっているか色々想像してましたどんな姿で我々男子の前に現れるのか。それは思っているよりも地味な歳相応の姿で我々の前に現れました一瞬あれッと思いましたが紛れもなくTMさんでした。2次会も含め同じホテルで4時間の楽しいクラス会その中での近況報告では,旦那さんの両親を看取り更に旦那さんを看取った人,旦那さんを亡くした人現在抗がん剤治療をしている人結婚せず独身を貫いている女性クラスメートの夫婦が二組。幹事の一人が来てないので理由を聞くと奥さんの母親が亡くなり今日お葬式で来れないとの話でも葬儀後会に30分程の顔を出したのには感激しました。2次会ではカラオケでクラスメートの時には話もしなかっ女性からデュエットの指名えっと思いましたが汗をかきかきいつでも夢をを何とか歌いました。幹事からこんな話もクラスメートの一人がもう案内状を出さないで下さいとか出席したいが身体の調子が悪く出席できないとか名簿に載っている住所に居ないとか,現在分かっている情報では亡くなっているクラスメートが二人行方不明が二人。出席した20名も順風満帆では無かったと思うが酒を飲みながら昔ばなしに花を咲かせる事が出来て幸せだと思う。たで一つ残念なのは出席を楽しみにしていた担任の先生が体調不良のため来られなとのこでした一番最初に出席の返事をくれていたようでした。

 

国民無視の国会バトルどの党も負けれ。

一体どうなっているのか,投票する候補も党もいない民進党と書く人もいるのではないか。希望の党民進党はほんとに合流していいのかテレビに出てる評論家やジャーナリストは政治の世界は何でも有りみたいな話をするが本当にこれで良いのか。本当に希望の党自民党の対抗馬になり得るのか,先ずは与党野党関係なく問題のある議員は当選させないのが一番だと思う。希望の党が与党になるのか野党になるのか自民党とくっついて巨大な与党になるのか。野党として残るのは共産党だけになるのでは色々な展開が考えられるこんな風になったら国民無視も甚だしい。今度の選挙は恐らく投票所で鉛筆を持つまで悩むかもしれない。ただ無効票だけには絶対したくないと思っている。

選挙に思う。

20歳で選挙権を得て今年で46年市町村選挙・道議会選挙・国会議員選挙・その中で自分が投票した候補者の政党は,自民党社会党民主党民進党共産党・いくら親しい人から頼まれても公明党だけは投票する気にならない。公明党が与党であること自体納得いかない公明党は野党だろう。今選挙の話が出ている衆議院どこに投票するの投票する政党が無い,しかい棄権はしたくない投票所は我が家の玄関をでて小走りで10秒くらいのところにあるからだ。これは冗談にしても1票を入れないと政治の話ができないと思っているからだ。金の問題や不倫の問題失言や暴言を吐いた議員は絶対当選させるべきではない,私のいる選挙区には小泉政権の時の偉大なるイエスマンの某幹事長の息子がいる地元では人気がないが親の七光りと対抗馬がいない事でなんとか議員を務めている。野党共闘で優秀な人材を立候補させることができない物か。

なんて日だ?

腹が立ってどうしょうもない,解散して選挙つい先月内閣改造したばかりではないか。仕事何とか内閣って言いながら何をしたんだ,野田聖子河野太郎などを起用して支持率上げてこれじゃ嘘つき内閣だろう。野田聖子河野太郎も何も仕事をしてないのに等しい,ただ安倍に利用されただけではないか結局野田も河野も選挙の為にはくをつけただけ前総務大臣・前外務大臣まったく情けない話だ。安倍晋三の国会ではない国民の国会だ。